セミナーイメージ写真

セミナー

 

知的財産セミナー (著作権)

知っておきたい著作権について〜著作権の基礎、最新のトピックス、契約上の留意点、不正競争防止法〜

掲載日:2018/10/31

 

 知財センターでは、年々著作権に関する相談が増えております。特に、契約書の内容が曖昧であったことからトラブルになる事例があります。
 また最近の裁判例でもこれまでにない新しい事例が見られるなど、著作権に関する話題が中小企業の皆様にも身近な話題になってきております。
 そこで、今回は著作権法に詳しい弁護士の末吉先生をお迎えし、著作権の基礎、最新のトピックス、契約上の留意点、不正競争防止法等著作権に関連する法律、そして著作権法及び不正競争防止法の法改正について解説頂き、皆様のビジネスにおいて知財に関するヒントを得て頂ければと思います。
この機会に是非ご参加ください。

 

分野

IP:著作権

開催日時

平成31年1月18日(金) 午後 2時 〜 5時

(受付開始:午後 1時 40分〜)

会場

(公財)東京都中小企業振興公社 3階第1会議室
(千代田区神田佐久間町1−9 産業労働局秋葉原庁舎)
地図 秋葉原駅より徒歩1分

内容

1.著作権の基礎
2.デジタル化・ネットワーク化の進展に対応した著作権システムの構築
 「知財推進計画2018」
3.著作物の契約上の留意点について
 トラブル事例、記述上の問題点、今後出てくる問題等
4.著作権法と不正競争防止法の関係・法改正について
 (AI・IoTとの関連性について)

ご案内チラシ(PDFファイル)

講師

弁護士 末吉 亙 氏(潮見坂綜合法律事務所)

【略歴】
東京大学法学部卒。最高裁判所司法研修所司法修習生修了、昭和58年弁護士登録。
内閣府司法制度改革推進本部知的財産訴訟検討会委員、日本弁護士連合会知的財産センター委員長などを経る。現在、文化審議会著作権分科会委員、同分科会法制・基本問題小委員会委員、同分科会著作物等の適切な保護と利用・流通に関する小委員会主査などに就任している。
著書に『新版商標法第5版』『新版意匠法第3版』『末吉流知財法務入門』、編著書に『実務知的財産法講義(新版)』、論文に「土肥一史先生と著作権法改正」「映画著作物の著作者〔グッドバイ・キャロル事件:控訴審〕」「プログラム著作物の創作性について」「許諾システム未成熟分野でもがくなかで」など、多数。

対象

都内中小企業の方(注1)、都内個人事業主の方

定員

60名

申込

以下の申込フォームに入力、送信してください。
折り返し受講票をお送りしますので、印刷のうえ、当日受付で呈示してください。
都合により欠席される場合は、必ずご連絡ください。(注2)(注3)

費用

無料

連絡先

東京都知的財産総合センター【担当:セミナー担当】
電話:03-3832-3656
FAX:03-3832-3659
E-mail:chizai@tokyo-kosha.or.jp

(注1)大企業の方、講師と同業とみなされる方等のご受講はご遠慮頂いております。
また、大企業の関係会社の方、士業の方、都外の方は定員の関係上、受講お申込みをお断りさせて頂く場合があります。

(注2)欠席される場合はなるべく早めにご連絡ください。
事前のご連絡がなかった場合、以降の受講お申込みをお断りさせて頂く場合があります 。

(注3)セミナー資料は参加者のみにお渡ししております。後日の配布はお断りしておりますので、予めご了承ください。

(注4)セミナー受講時はPCでのご入力はご遠慮頂いております。

 

 

セミナーお申込みフォーム

  こちらからお申込みください

 

申込者情報のお取り扱いについて

  1. 利用者
    東京都知的財産総合センター((公財)東京都中小企業振興公社)
  2. 利用目的
    (1)当該事業の事務連絡や運営管理・統計分析のために使用します。
    (2)経営支援・技術支援等、各種事業案内やアンケート調査依頼等を行う場合 があります。

 

※上記利用目的の(2)を希望されない方は、当該事業担当者までご連絡ください。
※個人情報は「個人情報の保護に関する要綱 (PDF)」に基づき管理しておりますので併せてご参照ください。

▲PAGE TOP