〔エイコム株式会社(株式会社アーツエイハン)〕

棚前行動データ収集の
画期的ツール
顔認識マーケティングシステム
「BeeSight」

どこでも気軽に使える顔認識システムで
より正確なマーケティングデータ分析が可能に


株式会社エイコムが開発した顔認識マーケティングシステム「BeeSight(ビーサイト)」の最大の特徴は、これまで必要だったネットワーク接続が不要なスタンドアローン型、従来の約10分の1という低価格を実現したこと。顔の画像からは、年齢・性別のみならず、表情や顔の向きもデータとして取得可能で、気軽に使える顔認識システムとして、2017年にはCEATEC「米国メディアパネル・イノベーションアワード」インダストリアルIoT部門や、「革新ビジネスアワード2017」大賞を受賞している。
現在はデジタルサイネージ最大手の株式会社impactTVとの業務提携により、同社の小型デジタルサイネージに、顔認識システムとピープルカウンター機能(棚前の通行人数・注視者属性を計るシステム)を提供。さまざまな店舗内の陳列棚に設置することで、より正確でリアルな棚前行動分析を可能にし、売場の活性化や店頭での販促活動に貢献している。また、多拠点一括で遠隔画像管理ができるネットワーク型のCMS(コンテンツマネジメントシステム)や、海外向け製品の開発にも意欲的に取り組んでいる。

BeeSight®で得られるマーケティングデータ

企業情報


社名
エイコム株式会社(株式会社アーツエイハン)
設立年月日
2012年8月15日
所在地
東京都新宿区新宿1-18-13協建新宿一丁目ビル
業務内容
顔認識システム開発、デジタルサイネージ関連
資本金
1,000万円
従業員数
3名
売上高
3,000万円(1億2,000万円)