株式会社PIJIN

安全・安心、防災

image

専用アプリ不要!
QRコードを読み取るだけで、「ご利用のスマートフォン、タブレット等Webブラウザの設定言語」で瞬時に表示されます

多言語プラットフォーム「QR Translator」を活用すればアプリ不要で、世界中の人々に情報発信が可能。
しかも、低価格でスピーディーにユニバーサル対応が実現できます。

■サービス紹介

自治体や交通機関、宿泊・商業施設等の災害対策・避難誘導に対するユニバーサル化が低価格、スピーディーに対応可能です。 看板やチラシ等の印刷物を多言語化する際、日本語や中国語など、各国の言語のものをそれぞれ用意しないといけません。
しかし「QR Translator」は日本語の看板や印刷物にあるQRTコードをスマホで読み取るだけで、外国の方が普段使っている「ご利用のスマートフォン、タブレット等、Webブラウザの設定言語」で瞬時に表示されます。
翻訳された内容は「音声読み上げ機能」を使うことで、美術館の館内案内や目の不自由な方への説明にも活用できます。専用アプリが不要なため、ご利用者さまがアプリをダウンロードするという手間もありません。
※連携するインターフェースによっては必要な場合あり
クラウド上で随時情報の更新ができ、平常時と災害時に表示するコンテンツの切り替えも可能です。

image

■セールスポイント

機械翻訳やクラウド翻訳、プロの翻訳家とご予算やご要望に応じて翻訳しており、間違えやすい「人名」「地名」「専門用語」等も正確に反映させることができます。2020年に向けて迅速な整備が求められる、多言語・ユニバーサル・防災対応を1サービスで実現できます。

■使用例

image
image

■強みベスト5

  1. QRコード1つで多言語と音声でユニバーサル対応を実現
  2. 専用アプリ不要
  3. 平常時は観光やサービス情報を表示、非常時は避難経路や避難所の情報などに切り替え可能
  4. 比較的安価な導入コストを実現
  5. 東京都主催 2016年度「世界発信コンペティション2020」サービス部門大賞受賞、
    2017年度「九都県市首脳会議」きらりと光る産業技術表彰(東京都代表)

■お客様メリット

各国の言葉で表示したポスターやチラシを用意する必要がないため、販促物のコストダウンにつながります。

VOICE

来年度からの本格稼働に向けて準備中。今期は周辺自治体5市3町との合同避難訓練において、防災活動の啓蒙ツールとして活用を予定します。
泉佐野市 生活産業部 まちの活性課(大阪府)

voice

代表取締役社長 松本 恭輔

EXHIBITOR INFORMATION

小間番号:2

株式会社PIJIN ロゴ

株式会社PIJIN

〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-3山本ビル別館8F

TEL:03-4531-9690

https://jp.qrtranslator.com/ 公式サイト

■こんな企業様と商談を期待しています

取引先として

自治体(防災・観光・住民サービス)などのご担当者様
宿泊・商業・大規模スポーツ施設運営管理ご担当者様
インバウンド対応がしたいメーカー(食品、製薬、防災用品等)ご担当者様

連携先として

上記を主クライアントとする企業様

■実績・導入事例・知的財産権

実績 https://jp.qrtranslator.com/works/
知財 日本国特許4918174号
国際特許出願番号: PCT/JP2012/058854

■受賞歴・メディア掲載

受賞歴 https://jp.qrtranslator.com/category/news/news-prize/
メディア掲載 https://jp.qrtranslator.com/category/news/news-publication/

■連絡先

Email/inquiry@qrtranslator.com

担当者名/松本 恭輔