株式会社アート蒼

image

江戸の粋を今に伝える 
―絵てぬぐいに広がる手染めの世界―

30年以上に渡り、手ぬぐいを制作するアート蒼が注染手ぬぐいをはじめ、手ぬぐいを簡単にインテリアとして楽しめるタペストリーツールと手ぬぐいのセット「アートフレームセット」や手ぬぐいを使った小箱「手ぬぐいハッピーボックス」など、誰かに贈りたくなる「和のおくりもの」をご紹介いたします。

■絵てぬぐい

「絵てぬぐい」は昔ながらの伝統の技で熟練の職人が手染めにて染めたもので、歌舞伎、浮世絵、日本の歳時記など300柄以上を揃えています。
鮮やかな色合いやぼかしなど注染ならではの職人技にご注目ください。
日本の文化が楽しめる絵柄は外国の方にも好評で、軽くてかさばらないので海外へのお土産として重宝します。
OEMにてオリジナル品のご注文も可能です。

image

■アートフレーム

手ぬぐいの上下をマグネット付きのフレームで挟むだけ!手ぬぐいを掛け軸のように簡単に飾れるタペストリーツールです。
フレームには漆器を思わせるつややかな黒に、金の蒔絵で桜柄が施されています。また、掛紐として江戸打紐を使用し、和の趣を演出します。フレームの裏側は無地になっているので、飾る絵柄にあわせてお使い分けいただけます。手ぬぐいだけではなく、書や絵画のタペストリーツールとしても利用できます。
山中漆器の蒔絵の技や江戸組み紐の伝統を引き継ぐ量産品の組紐が生きており、工程のほとんどが手仕事となっています。フレームに名入れをして、企業の記念品制作にも対応しています。
特許取得商品

image

■手ぬぐいハッピーボックス

オリジナルの絵てぬぐいを使用して職人が一つ一つ手作業で作り上げた美しい小箱です。
手ぬぐい生地の柔らかい感触とさまざまな柄が楽しめます。箱の内側に貼られた紫色の和紙も和の雰囲気を引き立てます。
ジュエリーケースやペンケース、小物入れとして、さまざまに活用できます。ギフトボックスとして中に何かを入れてプレゼントするのにも最適です。また、ギフトに使用した場合も使い捨てではなく再利用することができます。
日本の伝統工芸品を手軽に楽しんでいただける上に、軽くて壊れにくいのが特長です。

image

VOICE

■「絵てぬぐい」日本の伝統文化を世界へ株式会社アート蒼 営業マネージャー 吉田 渚

海外の友人へ絵てぬぐいとアートフレームをセットしてプレゼントする度に、インテリアアイテムとして喜ばれるのは勿論、手ぬぐいの美しい染め技法や色に感心され、手ぬぐいをマグネットのバーで挟むアートフレームはそのアイディアの斬新さに驚かれます。日本の職人の匠の技を誇りに思います。
生活の中で身近に楽しめる日本の伝統工芸品を、これからも日本国内だけではなく海外にも発信していきたいと思っております。

voice

EXHIBITOR INFORMATION

株式会社アート蒼

株式会社アート蒼

〒106-0045 東京都港区麻布十番1-5-24

TEL:03-3405-7511

FAX:03-3405-7512

http://www.artsou.co.jp 公式サイト

■実績・導入事例・知的財産権

特許取得商品:アートフレーム(パテントNO.1322021号)

■受賞歴・メディア掲載

【受賞歴】
2012年「港区商店グランプリ」1位の港区長賞受賞
【メディア掲載実績】
2010年9月 スターツ出版株式会社「Oz magazine」
2010年冬特集 プレジデント社「七緒」
2011年11月 朝日新聞出版「アナウンサーとして生きる」
2011年3月 マガジンハウス「Hanako」
2013年10月 TBSメトログ
2014年10月 イッツコムチャンネル「おとなの街歩きスタイル」
2015年5月 KADOKAWA「Tokyo Walker」
2015年12月 港区中小企業応援情報誌「こうりゅう」
2016年7月 東京メトロ Find my Tokyo
2016年11月 NHKワールドTV 「TOKYO EYE 2020」
2017年10月 東京メトロ合同企画 はいから「落語歩き旅」
2018年7月 フジテレビ「ノンストップ」

■連絡先

TEL:03-3405-7511

担当者:吉田 渚