支援します! 公社は企業のパートナー 公益財団法人東京都中小企業振興公社

トップ > 事業案内 > 助成金事業 > 助成事業FAQ
「〜したい」「〜に困っている」など目的別に検索できます。

相談案内相談案内

助成事業FAQ

 助成事業について、よくいただくご質問をまとめました。

助成事業をはじめて利用される皆さまへ
都内中小企業であること以外の申請資格等
新・展示会等出展支援助成事業
−販路拡大サポート事業−
中小企業、従業員、出資の範囲
新製品・新技術開発助成
市場開拓助成

助成事業をはじめて利用される皆さまへ

[Q1]
[Q2]
[Q3]
[Q4]
[Q5]
[Q6]
[Q7]
[Q8]
[Q9]
[Q10]
[Q11]
[Q12]
Q1
助成金と融資の違いは何ですか?
A1
融資は返済の義務がありますが、助成金は原則として返済をする必要がありません。
Q2
いつ助成金は支払われますか?
A2
後払いになります。申請をした事業が終了し、公社が検査した後に助成金を支払います。
Q3
いつでも申し込めますか?
A3
原則として、申込期間を設けています。詳しくは募集の際にホームページ等でお知らせしますので、対象事業の申込期間内に申し込んでください。
Q4
助成限度額とは何ですか?助成率とは何ですか?
A4
助成限度額とは、助成金支払いの最大額のことです。助成限度額以上の助成金を支払うことはありません。
助成率とは、支出した経費のうち助成金を支払う比率のことです。
申請した事業で支出した経費に助成率をかけた額が助成金支払額になります。

(例)助成限度額 800万円、助成率1/2
・600万円支出した場合 ⇒ 600万円×1/2=300万円 < 800万円
  【助成金支払額】 300万円
・2,200万円支出した場合 ⇒ 2,200万円×1/2=1,100万円 > 800万円
  【助成金支払額】 800万円
Q5
申請すれば、助成金をもらえますか?
A5
審査があります。審査を通過した事業者へのみ助成金を支払います。
Q6
何を購入しても、助成金をもらえますか?
A6
各助成制度で対象となる経費を定めています。助成対象経費以外のものに支出をした場合には、助成金を支払うことができません。
詳しくはこちら(各助成制度の制度案内)をご覧ください。
Q7
採択される倍率はどれ位ですか?
A7
2倍から6倍が目安ですが、事業により異なります。
Q8
公社以外には、どのような助成金がありますか?
A8
公社の助成事業は、中小企業などが新たな取組みにかかる経費の一部を助成します。
なお、国や区、都の別部門、民間など、他にも多くの助成事業があります。
東京都知的財産総合センター
他機関の融資・助成制度
Q9
助成事業での支援は、助成金を支払うだけですか?
A9
助成事業により異なりますが、金銭面の支援だけでなく、専門家による事業サポート・実地支援などを併せて行う助成事業もあります。
Q10
誰が申し込めますか?
A10
助成事業により異なりますので、各助成制度の制度案内をご覧ください。
Q11
申請に必要な書類は何ですか?
A11
10ページ程度の申請書のほかに、登記簿謄本や納税証明書などを提出していただきます。
早めに提出書類を準備しておくことを推奨します。
※必要書類は、助成事業により異なります。
Q12
公社の助成事業を詳しく教えてください。
A12
詳しくはこちらをご覧ください。
制度案内をダウンロードできます。
また、知的財産関連の助成事業は、こちらをご覧ください。
サイトマップ