すだれ屏風 江戸簾

  • 作品について

    価格(税込み):64,800円

    すだれ障子、衝立、屏風などの応用すだれは、部屋の間仕切りに、または玄関などに日本の伝統美を演出してくれます。
    ふすまに代わるお部屋の衣替えの機能は生活の句読点です。

田中耕太朗(たなかこうたろう)江戸簾

  • 職人紹介

    明治初めから続く江戸すだれの職人の家庭に生まれる。
    物心ついた頃には、仕事場に。
    モットーは、「ちゃんとしたものを、ちゃんとつくる」。
    東京都伝統工芸士
    東京マイスター
    東京都伝統工芸産業団体青年会会長

    明治時代から続く製簾所では、江戸、東京の街で育まれた「江戸簾(すだれ)」の伝統の技法は今も受け継がれ、生活の中に風流の心をもたらす粋なインテリア用品として見直されるなど、新たな発展への契機が芽生えつつあると感じています。江戸時代から300年あまりにわたり継承されてきた技術を基礎に、現代の生活様式に合致したデザインと優れた品質の製品をつくりだす努力を続けています。
    江戸すだれをより身近に感じてもらうために、製作実演、さらには製作体験も実施します。

製作体験内容

  • 体験内容:手編み作業及び仕上げ

    体験作品:
    (1) ランチョンマット(30cm × 45cm)
    (2) コースター2枚 (10cm × 10cm) 
    所要時間:
    (1) 1時間30分程度
    (2) 25分程度
    対象年齢:10歳以上
    参加費用:
    (1)3,500円(税別)
    (2)1,500円(税別)
    予約の有無:
    (1) 有り
    (2) 無し

    制作体験につきましては、ご予約が必要な場合がございます。 くわしくは「伝統工芸青山スクエア」までお問合せ下さい。
    伝統工芸青山スクエア 電話:03−5785−1301