ばら帯留 東京彫金

  • 作品について

    価格(税込み):15,120円

    サイズ:W23mm × D17mm × H12mm

    彫金の伝統的な技法であるタガネによる“肉彫り”を用いてバラを印象的な帯留に仕立てました。
    シルエットは四角くを強調し、花と葉っぱに動きをつけ、小ぶりな分厚みを出すことにより、全体のバランスをとっています。

小川真之助(おがわしんのすけ)東京彫金

  • 職人紹介

    父・小川健次郎に師事
    平成18年度 東京都伝統工芸士認定

    彫金の祖、海野勝眠(うんの しょうみん)の流れをくみ、祖父から数えて三代目。
    やる人の少なくなった伝統的な鏨(たがね)による彫金の素晴らしさを伝えるためがんばっています。
    彫金の魅力は1枚の板から作品を産み出すこと。無から有へ。
    魅せる鎚目はどこにも負けませんよ!