支援します! 公社は企業のパートナー 公益財団法人東京都中小企業振興公社

「〜したい」「〜に困っている」など目的別に検索できます。

相談案内相談案内

TOKYO起業塾「スタートアップ支援プログラムSTARS」を開催します!

アナタのビジネスを大きく飛躍させる5日間

 STARSは、スタートアップとして必要な考え方や知識を身につけるためのプログラムです。第一線で活躍している専門家が、講師として各々の持っている知識・ノウハウを惜しみなく提供して、アナタのスタートアップとしての成長速度を加速させます。

STARSで得られるもの
【Skill】 Lean Startupの手法やVCへのPR方法。
【Knowledge】 スタートアップとして知っておくべき財務・税務・法務の基礎知識。
【Networking】 第一線で活躍している専門家や同じ志を持った仲間との出会いの場。

本プログラムに参加すると、効率的に事業を発展させる方法が身につきます。様々な出会いとともにビジネスプランの改良を繰り返して、ビジネスを大きく成長させましょう。

1.プログラムの流れ

日程 10:00〜12:00 13:00〜16:30
DAY 1
2/7(Sun
日本のIPOの現状
株式会社 東京証券取引所 上場推進部
橋本梢 氏、田原和規 氏
スタートアップのマインドセットとは?
Lean Startup Japan LLC 代表
和波俊久 氏
Day 2
2/14(Sun
ベンチャー法務のポイント
クレア法律事務所 代表弁護士
古田利雄 氏
組織の規模と必要な資金
株式会社リンクス 代表取締役
鈴木吾朗 氏
Day 3
2/21(Sun
ベンチャー会計のポイント
仰星監査法人
竹村純也 氏
リーンスタートアップによる仮説検証法
Learning Entrepreneur's Lab 共同代表
堤孝志 氏
Day 4
2/28(Sun
スタートアップの資金調達
合同会社SARR 代表
松田一敬 氏
ビジネスモデルとVCの視点
合同会社SARR 代表
松田一敬 氏
Day 5
3/6(Sun
リーンスタートアップの
事業計画

Learning Entrepreneur's Lab 共同代表
堤孝志 氏
検証結果の発表
Learning Entrepreneur's Lab 共同代表
飯野将人 氏、堤孝志 氏

※講義内容および講師は都合により変更する場合がございます。

2.申込要件

 次の3点を満たす起業予定者であること。

  1. ビジネスプランがある。
  2. IPOやM&Aによるイグジットを目指して、事業を数年で十億円規模へと成長させたいと考えている。
  3. 東京都内在住、又は都内での起業を予定している。

※ 開業から1年程度の方も受講可能です。
※ 起業コンサルタント及び講師と同業のスタートアップ支援者の受講はお断りしております。

3.エントリーシートのご提出について

 受講希望者が定員を超えた場合はエントリーシート(以下、「ES」)による選考を行いますので、受講申込後のES提出をお忘れにならないようご注意ください。

受講者選考実施時の流れ
受講決定までの流れ(図)

※選考基準および選考結果の詳細はお伝えできませんことを予めご了承ください。
※ESの内容を確認されたい方は、こちら[PDF:89KB]をクリックしてください。なお、書き込み可能なESは申込後にご案内します。

4.開催概要

イベント名 TOKYO起業塾「スタートアップ支援プログラムSTARS」
会期 2016年2月7日(日)、14日(日)、21日(日)、28日(日)、3月6日(日)
開催時間 10:00〜16:30(お昼休憩1時間)
会場 東京都産業労働局秋葉原庁舎 3階 第1会議室
(東京都千代田区神田佐久間町1-9
主催 (公財)東京都中小企業振興公社
受講料 ¥12,000
定員 40名
申込期限 2016年1月11日(月)
ES提出期限 2016年1月13日(水) AM 10:00
募集案内 募集案内のダウンロードはこちら [PDF:944KB] をクリックしてください。

5.申込方法

 お申し込みは、次の黄色い枠内の「お申し込みはこちらから」からお願いします。なお、起業予定事業の「業種」をお伺いしておりますので、「業種分類表 [PDF:151KB]」で業種をご確認ください。

→受付を終了しました。

※お申し込みから5営業日以内に「申込受付完了のご連絡」のEメールを差し上げますが、お申し込み直後の連絡はございませんのでご注意ください。
※お申し込みから5営業日以上経ても「申込受付完了のご連絡」のメールが届かない場合は、お手数ですが本ページ最下部の「問い合わせ先」までご連絡ください。

6.講師紹介

橋本梢 氏

株式会社東京証券取引所 上場推進部 課長。公認会計士。

大手監査法人及び事業会社勤務を経て、2008年に株式会社東京証券取引所グループ〔現・株式会社日本取引所グループ〕入社、東京証券取引所自主規制法人(現・日本取引所自主規制法人)上場審査部にて株式会社等の上場審査業務に従事。2013年より株式会社東京証券取引所上場推進部課長。2015年から同部にて株式会社の上場誘致活動に従事。セミナー等における講演多数。

田原和規 氏

株式会社東京証券取引所 上場推進部 調査役。

2007年に株式会社ジャスダック証券取引所入社、上場部にて上場会社の適時開示・上場管理業務に従事。2010年の株式会社大阪証券取引所〔現・株式会社大阪取引所〕との統合後、2011年よりコーポレート・マーケティンググループに配属となり、株式会社の上場誘致活動に従事。その後、2013年の東証と大証の現物市場統合時に、株式会社東京証券取引所上場推進部に配属。

和波俊久 氏

Lean Startup Japan LLC 代表。

IT企業でITサービスマネジメント及びプロジェクトマネジメントのコンサルタントを務める傍ら、数々のITサービスの失敗やデスマーチを経験。シリコンバレーの最先端起業術であるリーンスタートアップを広く普及するために、2010年10月より"Lean Startup Japan"ブログを開設。Meetupやセミナーの開催、コンサルティングの提供を通じて、より多くのプログラマの起業を支援している。

古田利雄 氏 弁護士法人 クレア法律事務所 代表社員弁護士。

平成3年東京弁護士会登録。ナノキャリア株式会社等の上場企業の社外役員やベンチャー企業の創設・育成支援を通して、社会貢献していくことをテーマにしており、ベンチャー企業に関するネットワークが広い。
鈴木吾朗 氏 株式会社リンクス 代表取締役。

三菱重工業株式会社を退職後、株式会社gumi創業期など複数ベンチャーの資金調達に携わり、総額10億円以上の資金を調達した元ベンチャー企業の財務責任者。2015年3月にリンクスを創業、代表取締役に就任。「レンタルCFO」として人工知能のSOINN株式会社など複数企業で数億円の調達支援に携わる。また、起業家として話題の「FinTech(=Financial Technology)」系サービス「LYNX」を立上げ、サービス拡大中。
竹村純也 氏 仰星監査法人 東京事務所 社員、公認会計士。

大手監査法人を経て、2007年8月に仰星監査法人に入社。主に上場企業に対する会計監査やIPO(株式上場)準備会社に対する支援業務を行う。財務会計などの研修会の講師も務める。著書に『税効果会計における繰延税金資産の回収可能性の実務』、『後発事象の実務』(以上、中央経済社)などがある。
堤孝志 氏 ラーニング・アントレプレナーズ・ラボ株式会社 代表取締役。

総合商社、シリコンバレーおよび国内のVCにおいて20年以上にわたって一貫してリスクの高い新規事業の立ち上げと日米・アジアにて幅広くベンチャー投資活動を行う傍ら個人的に「顧客開発モデル」を中心とした講演、レクチャーを精力的に行ってきたが、2014年満を持してラーニング・アントレプレナーズ・ラボ株式会社を共同設立。
東京理科大学工学部卒。McGill大学経営大学院修了。訳書に『アントレプレナーの教科書』、『スタートアップ・マニュアル』(翔泳社)、『リーン顧客開発』(オライリー・ジャパン)、『クリーンテック革命』(ファーストプレス)等。
松田一敬 氏 合同会社SARR 代表社員 兼 業務執行社員。

慶応大学経済学部卒業後、山一證券株式会社証券引受部を経て、同社ロンドン現地法人にて中東、アフリカ、東欧諸国等を担当 する。 その後、国内初の地域密着型ベンチャーキャピタルを設立。2000年6月に札幌Biz Cafeを設立、サッポロバレーのITベンチャーを支援。地元IT企業の株式公開に繋げる。 2000年9月、国立大学発ベンチャー第1号(北海道大学発) の設立に関与する等、大学発ベンチャー支援の国内の草分け。 製薬企業向けマイルストーン契約の締結等、知財の事業化の実績を積む。2011年4月に合同会社SARR設立。起業家教育、ハイテクスアーとアップの支援等を行っている。
飯野将人 氏 ラーニング・アントレプレナーズ・ラボ株式会社 代表取締役。

大手金融機関、米国コングロマリットといった大企業勤務、VCにおけるベンチャー投資に取り組む傍ら、自ら日米複数のスタートアップの経営に参画。堤とともに「顧客開発モデル」を中心とした講演、レクチャーを精力的に行ってきたが、2014年満を持してラーニング・アントレプレナーズ・ラボ株式会社を共同設立。
東京大学法学部卒。米国ハーバード大学経営大学院修了。訳書に『スタートアップ・マニュアル』(翔泳社)、『リーン顧客開発』(オライリー・ジャパン)、『クリーンテック革命』(ファーストプレス)等。

7.TOKYO起業塾とは?

 TOKYO起業塾は東京都の監理団体である(公財)東京都中小企業振興公社が主催する創業支援プログラムです。詳しくはこちらをご覧ください。

8.申込者情報のお取り扱いについて

(1) 利用目的

  • 当該事業の事務連絡や運営管理・統計分析のために使用します。
  • 経営支援・技術支援等各種事業案内やアンケート調査依頼等を行う際に使用します。

(2) 第三者への提供(原則として 行いませんが、以下により行政機関へ提供する場合があります。)

  • 目的1 : 当公社からの行政機関への事業報告
  • 目的2 : 行政機関からの各種事業案内、アンケート調査依頼等
  • 項目 : 氏名、連絡先等、当該事業申込書記載の内容
  • 手段 : 電子データ、プリントアウトした用紙

※ 上記「(1)‐イ」および「(2)‐イ」をお望みでない方は、当事業担当者までご連絡下さい。
※個人情報は「個人情報の保護に関する要綱[PDF:27KB]に基づき管理しておりますので、ご参照ください。

□ 問い合わせ先 □
新事業創出課 担当:内藤・太宰
TEL:03-5822-7230
E-mail:kigyo@tokyo-kosha.or.jp

サイトマップ