公益財団法人東京都中小企業振興公社

支援します! 公社は企業のパートナー 公益財団法人東京都中小企業振興公社支援します! 公社は企業のパートナー 公益財団法人東京都中小企業振興公社
トップ > 事業案内 > 総合支援事業 > 生産性革新スクール
「~したい」「~に困っている」など目的別に検索できます。

東京都生産性革新スクール第5期生募集【令和2年度Web開講】

【募集終了】

当スクールは、中小企業の持続的な成長において新たな付加価値を生み出す「生産性の革新」を担う人材の育成が重要と考え、平成28年の開講から第4期まで運営して参りました。
この間にも、『IoT』『AI』『ロボット』などの技術革新や導入が進み、企業を取り巻く環境は大きく変化しています。加えて、現在、新型コロナウイルスの流行により、『新しい生活様式』への転換が強く求められています。
このような状況の中、受講生の皆様が安心し満足して頂けるよう、これまでのスクール運営の良い点を活かしながら、講義内容や講義方法を改善し、Webを活用する新しいスタイルの第5期スクールを開講いたします。

スクール概要

受講対象 都内中小製造事業者の現場責任者、または幹部候補の方
(注)生産管理や生産技に関する経験があり、生産性向上の取組について予備知識を有する方
募集定員 10名
募集期間 令和2年7月 1日(水)~8月12日(水) 【募集終了】
開講期間 令和2年8月28日(金)~11月27日(金) 全19日間
受講料 10万円(税込)
会 場 【座学等】 「Zoom」を利用したオンライン授業を予定【改善実習】 受講される方の所属企業様

申込み・受講の流れ

1.お申込み

必要書類(申込書、誓約書、勤務先会社案内)を令和2年7月31日(金)までに(公財)東京都中小企業振興公社経営戦略課事業革新係あてにお送りください。

2.お申込み受付

先着順にお申し込みを受け付けます。
※受講対象に該当しない企業様はお断りする場合があります。

3.受講決定/受講料振込

受講が決定された方は、開講日までに指定する口座へ受講料をお振込みください。

4.スクール受講

受講期間は2020年8月28日(金)~11月27日(金)までの全19日間です。開講前に教材一式を配布致します。

5.修了

全体の出席率が8割に満たない場合、修了証の発行をしない場合があります。

お申し込み時の必要書類について

【募集終了】
お申込み頂く際には、下記書類をご郵送ください。

※郵送先
〒101-0024 
千代田区神田和泉町 1-13 住友商事神田和泉町ビル 9F
公益財団法人 東京都中小企業振興公社
経営戦略課 事業革新係(生産性革新スクール担当)

受講前の事前準備について

当スクールには「Zoom」を利用したオンライン授業が含まれます。
1.PCやタブレット等の端末(PC推奨)と、インターネット環境、メールアドレスが必要です。
2.ご勤務先のオンライン環境で受講が難しい方はご相談ください。
3.お申込みに際しまして、受講規約をご確認の上「東京都生産性革新スクール受講についての誓約書」にご署名、ご捺印ください。

申込者情報のお取り扱いについて

  • 利用目的
    1.当該事業の事務連絡や運営管理・統計分析のために使用します。
    2.経営支援・技術支援等各種事業案内やアンケート調査依頼等を行う場合があります。
     ※上記2を辞退される方は、当該事業担当者までご連絡ください。

  • 第三者への提供(原則として行いませんが、以下により行政機関へ提供する場合があります。)
    ・目的1 : 当公社からの行政機関への事業報告
    ・目的2 : 行政機関からの各種事業案内、アンケート調査依頼等
    ・項目 : 氏名、連絡先等、当該事業申込書記載の内容
    ・手段 : 電子データ、プリントアウトした用紙
     ※目的2を辞退される方は、当該事業担当者までご連絡ください。

※個人情報は「個人情報の保護に関する要綱[PDF:146KB]」に基づき管理しておりますので、ご参照ください。

生産性向上の必要性と方向性

国内の生産年齢人口の減少による人手不足、加速する技術革新、ビジネスモデルの変革など企業を取り巻く環境は日々変化しています。
加えてコロナ禍の現在、その不確実性はさらに増しています。
そのような状況の中で企業が、利益を維持する、今まで以上の利益を生み出す為には、生産性の向上が不可欠です。
そのためには、
 
(1)社内の体制や従来の工程を常に分析し見直すこと
(2)デジタル技術を取り入れ、業務効率化を図ること

の2点を推進することが必要と考えられます。

中小企業の皆さまが(1)(2)を進める為に、東京都中小企業振興公社では、

(1)人材育成
(2)設備投資


の両面での支援をご用意しています。

生産性向上のための事業活用チャートとは

公社では、多くの事業を通して中小企業様の支援をおこなっています。
ご意向を辿ることで、企業様が本当に必要としている事業を見つけていただくべく、『生産性革新向上のための事業活用チャート』を作成致しました。
「利益がだんだん減っている」「急な受注に振り回されている」「人手が常に足りない」などのお悩みを抱えている中小企業の皆さま、チャートをご活用いただき、お悩みを解消できる支援メニューを探してみましょう。

生産性向上のための事業活用チャート

□ 申込先・問い合わせ先 □
〒101-0025 千代田区神田佐久間町 1-9 東京都産業労働局秋葉原庁舎 5F(令和3年3月22日から)
公益財団法人 東京都中小企業振興公社
経営戦略課 事業革新係(生産性革新スクール担当)
TEL:03-3251-7917(令和3年3月22日 10:00から)

東京都中小企業振興公社は、都内中小企業のための総合支援機関です。創業から事業化(製品開発・販路開拓・助成金)、承継・再生まで企業のあらゆるステージに対して豊富な支援メニューでお答えします。

中小企業サポート(経営相談・助成金)
東京都中小企業振興公社

支援メニュー・公社情報