支援します! 公社は企業のパートナー 公益財団法人東京都中小企業振興公社

トップ > 事業案内 > 総合支援事業 > 中小企業プロモーション支援事業
「〜したい」「〜に困っている」など目的別に検索できます。

相談案内相談案内

中小企業プロモーション支援事業

2019年度の普及支援及び強化支援の募集を開始致しました。

中小企業プロモーション支援事業とは

 自社のプロモーションを課題とする中小企業を対象とした効果的な自社PRシートの作成やプロモーション戦略策定を支援し、中小企業の更なる販路開拓を後押しする事業です。
「普及支援」と「強化支援」の2つの事業から構成される事業です。

説明会はこちらからお申し込みください。

普及支援・強化支援

中小企業プロモーション支援事業 よくある質問

中小企業プロモーション支援事業について、よくあるご質問をまとめました。

事業全体について

[Q1]

普及支援について

[Q2]
[Q3]
[Q4]
[Q5]
[Q6]
[Q7]

強化支援について

[Q8]

事業全体について

Q1
普及支援と強化支援の違いがよくわかりません。教えてください。
A1
支援内容、特徴等は、こちらの表をご覧ください。
名称 支援対象 支援内容・特徴 支援対象期間
普及支援 都内中小企業であれば
どなたでも利用可能
【支援内容】
専門家による自社PRシートの作成支援が中心となります。
【特徴】
専門家を指名できます
2019年4月1日〜
自社PRシートの作成をもって終了です。
最終申込受付:
2020年2月14日まで
もしくは予算がなくなり次第終了
強化支援 都内中小企業で、かつ支援対象として選定された事業者のみ 【支援内容】
(1)プロモーションの促進
(2)社内のプロモーション人材育成
【特徴】
STEP1:ワークショップに参加
STEP2:プロモーション戦略策定
STEP3:プロモーション施策の実行支援 これらの3つのステップを、じっくり2年間プロモーションに取り組んでいただきます。
2019年7月初旬
(支援決定の日)〜
2021年3月31日
(延べ2年間)

普及支援について

Q2
普及支援の事業終了(ゴール)は何ですか。
A2
ビジネスチャンス・ナビ2020の基本情報を登録と、自社PRシートを作成していただくことです。
Q3
事業終了まで何ヵ月位かかりますか。
A3
一ヵ月程度を想定しています。
Q4
専門家はどのような資格をもった人ですか。
A4
行政書士、税理士、中小企業診断士、弁理士(五十音順)等の資格をもった人です。
Q5
専門家の指名ができませんが、申込みができますか。
A5
公社から紹介することができます。個別にお問い合わせください。
Q6
ビジネスチャンス・ナビ2020の登録方法を教えてください。
A6
登録については、こちらのサイトで手順書をご案内しています。ぜひご覧ください。
https://www.sekai2020.tokyo/bcn/webroot/doc/howto_reg.pdf
Q7
ビジネスチャンス・ナビ2020の登録は申し込み後に行わなければなりませんか。
A7
申込前、申込後のいずれも可能です。

強化支援について

Q8
ワークショップは、どういう内容の講義でしょうか。
A8
基礎編と実践編に分かれて各4回、合計8回講義を受けていただきます。
詳細は、ワークショップの紹介ページをご覧ください。

□ 問い合わせ先 □
〒101-0024 東京都千代田区神田和泉町1-13 住友商事神田和泉町ビル9F
経営戦略課 販路開拓係
TEL:03-5822-7234
E-mail:hanro@tokyo-kosha.or.jp

サイトマップ