支援します! 公社は企業のパートナー 公益財団法人東京都中小企業振興公社

トップ > 公社からのお知らせ
「〜したい」「〜に困っている」など目的別に検索できます。

相談案内相談案内

「TOKYO職人展」開催のご案内

TOKYO職人展

東京の伝統工芸品産業を担う若手職人による展示会を今年も開催いたします。
※終了しました

開催概要

会 期 令和元年9月20日(金)〜9月26日(木)(7日間)※終了しました
開催時間 11:00〜19:00(初日は12:00から/最終日は18:00まで)
会 場 伝統工芸青山スクエア 1階特別展スペース
(東京都港区赤坂8-1-22 赤坂王子ビル)
入場料 無料
主 催 東京都、一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会
後 援 経済産業省、東京都伝統工芸品産業団体青年会
出展者 東京都指定伝統工芸品の若手職人

TOKYO職人展 出展者一覧

工芸品名 出展者
東京染小紋、江戸更紗 株式会社二葉
江戸木目込人形、江戸衣裳着人形 株式会社松崎人形 松崎 篤
東京銀器 有限会社日伸貴金属 上川 善嗣
東京手描友禅 水橋 さおり
東京手描友禅 染め工房 佐和 大地 佐和子
東京手描友禅 今井 晴子
江戸指物 江戸指物協同組合 青年部
江戸簾 株式会社田中製簾所 田中 耕太朗
江戸刺繍 廣瀬 祥子
東京彫金 小川 真之助
江戸表具 一般社団法人東京表具経師内装文化協会

TOKYO職人による製作実演

日付 工芸品名 職人名 実演内容
9/20(金) 東京彫金 小川 真之助 タガネによる金属彫刻
江戸簾 田中 耕太朗 江戸すだれ製作
江戸刺繍 廣瀬 祥子 刺繍の製作
9/21(土) 東京彫金 小川 真之助 タガネによる金属彫刻
東京手描友禅 今井 晴子 糸目糊置き
江戸簾 田中 耕太朗 江戸すだれ製作
9/22(日) 江戸指物 江戸指物協同組合 青年部 引出箱の製作
江戸木目込人形 松崎 篤 木目込人形の製作
東京銀器 上川 善嗣 銀器製作
9/23(月・祝) 江戸指物 江戸指物協同組合 青年部 引出箱の製作
東京彫金 小川 真之助 タガネによる金属彫刻
江戸簾 田中 耕太朗 江戸すだれ製作
9/24(火) 江戸刺繍 廣瀬 祥子 刺繍の製作
江戸簾 田中 耕太朗 江戸すだれ製作
江戸木目込人形 松崎 篤 木目込人形の製作
9/25(水) 江戸木目込人形 松崎 篤 木目込人形の製作
江戸簾 田中 耕太朗 江戸すだれ製作
東京銀器 上川 善嗣 銀器製作
9/26(木) 東京手描友禅 水橋 さおり 糸目糊置き または 下絵付け
江戸簾 田中 耕太朗 江戸すだれ製作
東京手描友禅 大地 佐和子 金線筒描き

TOKYO職人による製作体験

日付 工芸品名 職人名 体験内容 参加費(税込) 所要時間 予約
9/20(金) 江戸刺繍 廣瀬 祥子 くるみボタンの製作
1,200円(中)
1,500円(大)
約50分〜
70分
必要
9/21(土) 江戸簾 田中 耕太朗
  1. ランチョンマットの製作
  2. コースター2枚の製作
  1. 3,500円
  2. 1,500円
学割各500円引
  1. 約90分
  2. 約30分
不要
9/22(日) 東京銀器 上川 善嗣 銀のしおりの製作
2,000円 約30分 必要
9/23(月・祝) 江戸簾 田中 耕太朗
  1. ランチョンマットの製作
  2. コースター2枚の製作
  1. 3,500円
  2. 1,500円
学割各500円引
  1. 約90分
  2. 約30分
不要
9/24(火) 江戸木目込人形 松崎 篤 コマなどの製作 2,000円 約60分 不要
9/25(水) 東京銀器 上川 善嗣 銀のしおりの製作 2,000円 約30分 必要
9/26(木) 東京手描友禅 大地 佐和子 はがきサイズの生地カードへの絵付け
1,500円 20分〜 不要

江戸刺繍と東京銀器の体験は予約が必要です。
体験のご予約は、伝統工芸青山スクエア 電話:03-5785-1301までご連絡ください。

TOKYO職人によるミニセミナー 会期中15時より開催予定

東京の伝統工芸品の歴史や特徴などについて、今回出展している職人たちがわかりやすくお話しする「ミニセミナー」を実施いたします。

日付 工芸品名 職人名 進行
9/20(金) 江戸簾 田中 耕太朗 田中 耕太朗
9/21(土) 東京彫金 小川 真之助 田中 耕太朗
9/22(日) 東京銀器 上川 善嗣 上川 善嗣
9/23(月・祝) 江戸指物 江戸指物協同組合 青年部 田中 耕太朗
9/24(火) 江戸刺繍 廣瀬 祥子 田中 耕太朗
9/25(水) 江戸木目込人形 松崎 篤 松崎 篤
9/26(木) 東京手描友禅 水橋 さおり、大地 佐和子 田中 耕太朗

職人紹介

江戸更紗、東京染小紋

株式会社二葉
澁谷 健吾

2020年に創業100年を迎える、反物や着物の「染の里二葉苑」。新宿区認定のミニ博物館であり、体験も実施し、東京を紹介するテレビCMにも登場している。澁谷氏は、若い頃から染色の技術書を片手に独学で模様染めを研究。やがて本格的な技術習得をめざして株式会社二葉に入社し、総合的にすべての染め工程を手がけている。

江戸更紗 東京染小紋
商品画像02

江戸衣裳着人形 、江戸木目込人形

株式会社松崎人形
松崎 篤

大正9年創業、2020年に創業100年を迎える株式会社松崎人形にて、父であり3代目の松崎幸一光や先輩職人に、伝統の技を学ぶ。一方で、誰かに幸せを届ける新商品開発や、海外進出などの新規事業も手がけ、これからの伝統工芸、次代の職人像を見つける旅を続けている。優しく広がる想像力と、たくましき創造力を、友にして。

江戸衣裳着人形 、江戸木目込人形
商品画像02

東京銀器

有限会社日伸貴金属
上川 善嗣

下町の工房、父であり師匠の上川宗照と三男一女の江戸っ子一家、その長男。3歳の時に祖父の膝の上で聴いた、銀器を打つ優しい音が、そのリズムが、今でも心地よい子守唄のように記憶として残っている。音や仕草は、自然に職人としての生命に響き継がれた。次世代へとつなげる「用の美」は、人とのつながりから生まれている。

東京銀器
商品画像02

東京手描友禅

水橋 さおり

幼少から絵を描いたり創ることが好きで、伝統工芸に魅力を感じる。やがて短大や専門学校で学ぶうちに、糸目を引き、色挿しをした絹の美しさの虜に。楽しみながら創るという魂は、周囲の応援もあり、その場を与えられた。見て美しく纏って楽しいデザインを心がけて「日常の中の、ちょっとした特別」を大切に歩み続けている。

東京手描友禅
商品画像02

東京手描友禅

染め工房 佐和
大地 佐和子

伝統工芸の世界に魅せられ、弟子入りした師匠には、葉は葉脈の息吹を感じながら描くように教わった。現代のモチーフと伝統模様を組み合わせた特徴的なデザイン、その一つひとつの模様の中に、気を入れ、願いを込める。いつも遊び心を忘れず、見る人や着る人が楽しくなる作品づくりを心がけている。大地に咲く、花のように。

東京手描友禅
商品画像02

東京手描友禅

今井 晴子

母の影響もあり、着物は身近なものだった。前職の一般企業では図面を描く仕事をしていたが、繊細な「線」の世界はどこか通底している。細く糊を置く、糸目糊置きの工程。その糸目の美しさを際立たせる職人技は、天性のものでもある。さまざまな人との出会いも、引き合う美しき「線」のように、作品を生み出す力となっている。

東京手描友禅
商品画像02

江戸指物

江戸指物協同組合青年部

江戸指物と言えば、華奢で堅牢。美しい木目を活かすデザインのみならず、機能美も兼ねて作られた道具である。箪笥や姿見などの大きなものから、手鏡や箸などの小ぶりなものまでを幅広く製作。そのどれもが、現代の暮らしを素敵に引き立たせる。「大切に長く使う」という日本人の心に柔らかく寄り添う、名品を生む組合である。

江戸指物
商品画像02

江戸簾

株式会社田中製簾所
田中 耕太朗

明治初期から続く職人の家の5代目。大学卒業後は、母校の数学科助手を務める一方、家業でも厳しい修行をこなした。やがて職人となり「ちゃんとしたものを、ちゃんと作る」をモットーに、一意専心、使う人に想いを馳せながら仕事に精励。伝統工芸の普及啓蒙にも力を注ぎ、工房には国内外から様々な人々が数多く訪れている。

江戸簾
商品画像02

江戸刺繍

廣瀬 祥子

短大卒業後、金糸繍いの技法を教わるなどして、刺繍の製作を続けてきた。刺繍と言っても細かいものから、太くて大胆なものまであるが、今回のテーマは、日常に溶け込んだ、現代の生活に合った伝統工芸。多くの人に触れてほしい想いがある。「良いもの」を作ろうという心を大切にしながら、明日に向かって精進と成長を続けている。

江戸刺繍
商品画像02

東京彫金

小川 真之助

彫金家の家に生まれ、幼少から仕事場が遊び場。彫金の仕事や道具に囲まれて育ち、自然にその道をめざす。彫金とは文字通り、金属に彫りを施す仕事。「ていねい」な彫りでなければ、その人の彫りにならないというほど、言語化できないレベルでの繊細な面白さがある。その上で華美になりすぎず、洒脱さを大事にと心がけている。

東京彫金
商品画像02

江戸表具

一般社団法人 東京表具経師内装文化協会

中国から千数百年前に伝わった表具の技術は、長い時を経てなお、脈々と受け継がれている。紙と裂地と糊を用い、掛軸、屏風、襖などを製作。アイデアにあふれた品々も楽しい。協会は、表具、経師、内装インテリアという3つの業種部門から成り立ち、卓越した技能を持つ腕のよい会員たちで構成されている。

江戸表具
商品画像02

□ 問い合わせ先 □
城東支社
TEL:03-5680-4631

サイトマップ