公益財団法人東京都中小企業振興公社

支援します! 公社は企業のパートナー 公益財団法人東京都中小企業振興公社支援します! 公社は企業のパートナー 公益財団法人東京都中小企業振興公社
トップ > お知らせ > 2019年9月 > AIをビジネスに活かしたいとお考えのあなたのための公社セミナー(IoT/AI導入支援事業 第3回セミナー)
「~したい」「~に困っている」など目的別に検索できます。

AIをビジネスに活かしたいとお考えのあなたのための公社セミナー
(IoT/AI導入支援事業 第3回セミナー)

近年、人手不足の深刻化や生産性向上への期待から、中小企業においてもAIの活用に対する関心が一層高まっています。
本セミナーにおいては、いまさら聞けないAIの基礎知識からビジネス活用の最新動向まで、また中小企業における導入への試みの現状と実際のハードルについて、具体的なイメージをお持ち頂けるようお伝えいたします。
是非ともご参加ください。

開催概要

タイトル

AIをビジネスに活かしたいとお考えのあなたのための公社セミナー

対象

都内に主たる事業所がある中小企業
※コンサルタントの方はご遠慮下さい

日時

2019年10月24日(木) 14:30~17:15(受付14:00~)

費用

無料

場所

CIVI研修センター秋葉原 4階 D405(JR秋葉原駅から徒歩5分)
東京都千代田区神田須田町1-5-10相鉄万世橋ビル4階

定員

100名(先着順)

申込締切

定員に達し次第、締め切ります

プログラム

【第1部】14:30~15:40「いまさら聞けないAIの基礎と活用最前線」

講師:株式会社zero to one 竹川隆司氏
講師:株式会社zero to one 竹川隆司氏

【プロフィール】国際基督教大学教養学部卒、野村證券にて国内、海外(ロンドン)勤務等を経て2008年独立。2011年ニューヨークにてAsahi Net International, Inc.を設立、同社代表取締役として高等教育機関向け教育支援システム事業のグローバル化を推進。2016年zero to oneを創業、人工知能を中心とした教育コンテンツ開発・提供を行い、「機械学習」「ディープラーニング」各コースが日本ディープラーニング協会の認定プログラムにも選定されるなど、延べ200社3,000名以上のAI人材の育成をサポート。自らもハーバード、MIT、Udacityなど米国の先端オンライン教材を履修、修了。 一般社団法人AIビジネス推進コンソーシアム理事、大学院大学至善館特任准教授(「AI・データ時代のデジタルリテラシー」担当)など兼務 、2006年ハーバード大MBA

【第2部】15:50~17:00「中小企業でのAIアプローチ:データの利活用推進」

講師:日本IBM株式会社槌野浩氏
講師:日本IBM株式会社 槌野浩氏

【プロフィール】東京大学工学系専門課程産業機械工学修士課程修了、1987年日本IBM製造事業のシステムエンジニアとして入社、製造業でのリレーショナルデータベースとエキスパートシステムの導入支援に従事、ITコンサルタントとして自動車業界のNonCore業務の改革に参画、IBM US本社にてSE組織の構造改革と展開タスクを経験、その後、戦略的アウトソーシング子会社にてコンピテンシー本部長としてITコンサル部隊を担当。IBM帰任後、各種チームの立ち上げをリード、直近3年間はWatson事業部のAIシステム開発Delivery担当として、様々なAI Projectの実装に、デリバリー責任者として参画、IBMの様々なDeliveryを入社以来31年間取り組んできている。
2018年度からはKIT虎ノ門大学院客員教員としても教鞭をとっている。

17:00~17:15「中小企業支援事業のご紹介」

IoT・AI導入支援事業(総合支援課)

参考

生産性向上のためのIoT、AIの導入支援事業
事業内容についてはこちらをご参照ください。

申込方法

お申し込みは「申込フォーム」で受け付けております。
お手数ではございますが、画面の指示にしたがって必要項目を入力し、送信してください。
なお、受講証等は発行いたしません。申し込み後の確認連絡なども差し上げておりませんので、申し込み後は当日直接会場までお越しください。

→ 申込フォーム(入力フォーム専用サイトに移行します)

申込者情報のお取り扱いについて

利用目的
1.当該事業の事務連絡や運営管理・統計分析のために使用します。
2.経営支援・技術支援等各種事業案内やアンケート調査依頼等を行う場合があります。
※上記2を辞退される方は、当該事業担当者までご連絡ください。
第三者への提供(原則として行いませんが、以下により行政機関へ提供する場合があります。)
・目的1 : 当公社からの行政機関への事業報告
・目的2 : 行政機関からの各種事業案内、アンケート調査依頼等
・項目 : 氏名、連絡先等、当該事業申込書記載の内容
・手段 : 電子データ、プリントアウトした用紙
※目的2を辞退される方は、当該事業担当者までご連絡ください。
※個人情報は「個人情報の保護に関する要綱」に基づき管理しておりますので、ご参照ください。

東京都中小企業振興公社は、都内中小企業のための総合支援機関です。創業から事業化(製品開発・販路開拓・助成金)、承継・再生まで企業のあらゆるステージに対して豊富な支援メニューでお答えします。

中小企業サポート(経営相談・助成金)
東京都中小企業振興公社

支援メニュー・公社情報