公益財団法人東京都中小企業振興公社

支援します! 公社は企業のパートナー 公益財団法人東京都中小企業振興公社支援します! 公社は企業のパートナー 公益財団法人東京都中小企業振興公社
トップ > 事業案内 > 総合支援事業 > 医療機器産業参入支援事業

医療機器産業参入支援事業

 ものづくり中小企業が将来にわたり成長が期待されている医療機器産業へ参入するためには、医療機器の製造等に関する法規制への対応や医療機器メーカー及び臨床現場のニーズ把握が必要となります。
 ものづくり中小企業が単独でこれら全てに対応するのは困難なため、都が委託する医工連携HUB機構を通じて医療機器メーカー及び臨床機関、研究機関との連携を促進し、東京都立産業技術研究センターとも連携して都内中小企業による新たな医療機器の開発に向けて支援いたします。
 本事業に会員登録頂いた参入意欲のあるものづくり中小企業の方には、専任の医工連携コーディネータによる製販企業や臨床機関との連携に向けたマッチング支援の他、専門展示会・学会への出展支援やHUB機構のイベント、データベースや専門家相談などをご利用頂けます。

事業のしくみ

事業のしくみ図1
事業のしくみ図2
東京都中小企業振興公社 情報提供 ・“医療機器製造業登録”等について学ぶ「ワークショップ」の開催
・大手医療機器メーカー等出身の「医工連携コーディネータ」による情報提供とフォロー
・「会員限定メールニュース」による助成金やイベント・セミナー等のご案内
・医療機器開発に係る薬機法、薬事戦略等の「専門家相談」(HUB機構と連携)
連携支援 HUB機構の臨床ニーズ等に基づく製販企業と都内ものづくり中小企業による
 共同開発のための「マッチング支援
 ※医工連携コーディネータがマッチング後も継続支援いたします
・医療機器メーカー(製販企業)に向けた「技術シーズ集の作成及び配布
・国内医療機器専門展示会や学会への「共同出展支援
 (令和2年度実績:Care Show Japan2021第33回内視鏡外科学会総会付設展示会
資金支援 医療機器産業参入促進助成事業
 ※本事業によるマッチング案件も対象となる助成金の実施(要審査)
 ※臨床ニーズに基づく製販企業と都内ものづくり中小企業による
  共同開発案件を対象に支援
東京都医工連携
HUB機構
・臨床機関等からのニーズ収集
臨床ニーズ・技術シーズを掲載したデータベースの運営
医療機器開発に関する相談窓口の設置
三次元造形による試作支援
・医療機器関連セミナー、人材育成講座の開催
東京都立産業技術
研究センター
技術相談
各種試験サービス
マッチング支援
情報提供(セミナーなど)

事業の利用について

 本事業では、臨床現場のニーズを踏まえた医療機器等の開発、医療機器メーカーからの受託開発,受託製造などの事業提携や自社の材料・部材・製品などの供給をめざす都内「ものづくり中小企業」向けに「医工ものづくり会員」制度を設けています。
 会員登録いただいた企業には、上記の東京都中小企業振興公社が行っている医療機器産業参入支援事業で実施している様々な支援メニューをご利用いただけます。

【1】事業参加(会員登録)条件について
 以下の条件を全て満たすことが必要です。(会員登録は無料です)
 (1)医療機器産業に参入を目指す(参入している)、都内に事業所(※1)を有する中小企業(※2)
  ※1 本支店登記の有無は問いません
  ※2 中小企業基本法に準拠した事業者で、大企業が実質的に経営に参画していないもの
   「大企業が実質的に経営に参画」とは、次に掲げる事項のいずれかに該当する場合を言います
   ・大企業が単独で発行済株式総数または出資総額の2分の1以上を所有または出資している場合
   ・大企業が複数で発行済株式総数または出資総額の3分の2以上を所有または出資している場合
   ・役員総数の2分の1以上を大企業の役員または職員が兼務している場合
   ・その他、大企業が実質的に経営に参画していると考えられる場合
 (2)ものづくり企業であること(無体物であるソフトウェア開発等を行っているIT企業の方も
   
登録可能です
  ※ 薬機法で定める「医療機器製造販売業許可」を持つ医療機器メーカー(製販企業)は、
    原則、東京都医工連携HUB機構への登録をお願いいたします。
  ※「医療機器メーカー(製販企業)」であっても、本事業の会員登録をご希望の方は事務局まで
    ご相談ください。
  ※ ものづくり(医療機器開発)に直接携わらない医療機器事業参入を支援するコンサルタント、
    商社等の登録はお断りしています。

  ※ その他、ご不明な点などありましたら、下記事務局までお問い合わせください。

【2】事業利用の流れ
<1>下記の「入力フォーム」にて受け付けております。
   お手数ではございますが、画面の指示にしたがって必要項目を入力し、送信してください。

お申し込みはこちらから(入力フォーム専用サイトに移行します)

申込は原則WEBフォームからのみとさせていただいていますが、何らかの理由によりフォームへの入力が困難な企業様は事務局までご連絡ください。
<2>「参加(登録)申込フォーム」の内容に基づき、医工連携コーディネータが訪問し、
   貴社の医療機器産業への取組や技術面を中心にヒアリングいたします。

(申込受付後、原則として1週間以内に医工連携コーディネータよりご連絡のうえ、訪問日程を調整させていただきます。)
<3>「東京都医工連携HUB機構」より「HUB機構会員登録」の手続き用のメールが届きます。

お手続き後、HUB機構WEBサイトに掲載されている「臨床機関ニーズへの面談申込」等のメニューが利用可能となります。
(「参加(登録)申込フォーム」にてHUB機構の会員登録を「希望しない」を選択された方には手続き用のメールは届きません)
<4適宜、ご担当の方へ個別マッチングのご案内や開催イベント等の情報提供を
   実施いたします。

申込者情報のお取り扱いについて

  • 本事業は東京都より委託を受けて実施しております。

  • ご提供いただいた情報は、本事業の委託者である東京都、東京都が設置する東京都医工連携HUB機構の運営受託者、及び本事業で連携する地方独立行政法人東京都立産業技術研究センターに提供される場合があります。

  • ご提供いただいた個人情報は「東京都個人情報の保護に関する条例」(平成2年12月21日条例第113号)及び「個人情報の保護に関する要綱」(公益財団法人東京都中小企業振興公社:平成5年4月1日公社要綱第28号)に基づき適切に管理します。

  • 利用目的
    1.当該事業の事務連絡や運営管理・統計分析のために使用します。
    2.経営支援・技術支援等各種事業案内やアンケート調査依頼等を行う場合があります。
    ※上記2を辞退される方は、当該事業担当者までご連絡ください。

  • 第三者への提供(原則として行いませんが、以下により行政機関へ提供する場合があります。)
    ・目的1 : 当公社からの行政機関への事業報告
    ・目的2 : 行政機関からの各種事業案内、アンケート調査依頼等
    ・項目 : 氏名、連絡先等、当該事業申込書記載の内容
    ・手段 : 電子データ、プリントアウトした用紙
     ※目的2を辞退される方は、当該事業担当者までご連絡ください。

※個人情報は「個人情報の保護に関する要綱[PDF:146KB]」に基づき管理しておりますので、ご参照ください。

□ 問い合わせ先 □

取引振興課 医工連携担当
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-3-11 日本橋ライフサイエンスビルディング603号室
東京都医工連携イノベーションセンター内【地図

TEL:03-5201-7323

東京都中小企業振興公社は、都内中小企業のための総合支援機関です。創業から事業化(製品開発・販路開拓・助成金)、承継・再生まで企業のあらゆるステージに対して豊富な支援メニューでお答えします。

中小企業サポート(経営相談・助成金)
東京都中小企業振興公社

支援メニュー・公社情報