• HOME
  • 相談
  • セミナー
  • 助成金
  • 弁理士マッチング
  • 知的財産について
  • センターについて
  • 交通アクセス
相談のイメージ写真

相談

相談について

知的財産(特許・意匠・商標・著作権等)に関する相談に、専門知識と経験を有する専門家が中小企業の皆さまの抱える問題点を整理し、実践的・総合的にアドバイスします。必要があれば、弁理士、弁護士が相談に加わり、専門的なアドバイスをします。

先行技術調査に関する相談には、知財情報アドバイザーが対応します。

 相談の流れとポイント

まずはお電話を!
相談は無料です。相談内容の秘密は厳守します。
事前に必ずご予約ください。相談時間は1回、1時間です。

相談内容
ご相談の際は、相談案件の内容がわかるような資料等をできるだけご持参ください。

アドバイザーが話を整理
アドバイザーが中小企業の皆さまの抱える問題点を整理し、実践的なアドバイスをします。

アドバイザーがサポート⇔弁理士・弁護士
必要があれば、弁理士、弁護士が相談に加わり、専門的なアドバイスをします。
その場合もアドバイザーが同席し相談が円滑に進められるようフォローします。

 スケジュール

   
一日 アドバイザー 知的財産全般に関するご相談
午後のみ 弁理士 機械・電気 化学 機械・電気 電子・IT 機械・電気
弁護士 知的財産に関する契約・訴訟のご相談
必ず事前にご予約ください。相談のご予約は、03-3832-3655までご連絡ください。

相談時間は、午前9時から12時、午後1時から5時まで(専門相談は午後1時から午後5時まで)、相談時間は1時間です(資料閲覧は午後5時半まで)。

休日は、土・日・祝日及び年末年始

また、当センターでは、城東・城南・多摩地域にも支援室を設置し、それぞれの地域の方々のために知的財産に関する「一般相談」をお受けしています。

ご相談者の方への注意事項

T.

東京都知的財産総合センターによる知財相談事業は、中小企業、個人事業主、創業予定の個人の皆様から知的財産の創造・保護・活用に関する相談に無料で応じるものです。相談対応するアドバイザーは、大手企業の知的財産・法務・研究開発部門などでの経験を有する専門家です。また、より専門的な相談には、知的財産に精通した弁理士、弁護士(以下「専門相談員」という。)がアドバイスを行います。

U.

アドバイザー、専門相談員は誠意をもって相談に応じますが、内容によっては回答に限界(※)があり、相談に応じかねる場合もありますことを予めご了承ください。

V.

限られた時間及び資料の範囲内で相談をお受けしアドバイスするため、相談内容について、アドバイザー、専門相談員、当センターも法的責任を負うものではないことを予めご了承ください。

W.

相談窓口において、専門相談員である弁理士、弁護士の相談を受けた後、個別に案件の調査や出願書類等の作成、出願代理を依頼された場合は、当センターの相談事業ではなく、通常の受任案件となります。その場合は、依頼者と弁理士・弁護士との関係となるため、当センターは一散関与いたしません。

X.

相談時にご提供いただいた企業・個人情報及び相談内容に関する取扱いについては、以下の通りです。

1. 利用者
  東京都知的財産総合センター(公財)東京都中小企業振興公社)
2. 利用目的
  @当該事業の事務連絡や運営管理・統計分析のために使用します。
  A経営支援・技術支援等、各種事業案内やアンケート調査依頼等を行う場合があります。
  ※上記Aを希望されない方は、当該事業担当までご連絡ください。
3. 第三者への提供
  原則として行いませんが、以下により行政機関へ提供する場合があります。
 ・目的 各種事業案内、アンケート調査依頼等
 ・項目 氏名、連絡先等、当該事業申込書記載の内容
 ・手段 電子データ、プリントアウトした紙
 ※希望されない方は、当該事業担当者までご連絡ください。

 *個人情報は「個人情報の保護に関する要綱」に基づき管理しております。
  当要綱は、公社ホームページ(http://www.tokyo-kosha.or.jp)より
  閲覧及びダウンロードすることができますので併せてご参照ください

(※)出願書類(願書、明細書、補正書)等の作成(弁理士法施行令第8条関連)や先行技術調査等の代行はできません。また、契約書の作成、ライセンス先のご紹介もできません。専門家に別途ご依頼ください。

知的財産戦略導入支援(ニッチトップ育成支援)

知的財産戦略の導入による経営基盤の強化を図る企業を対象に、アドバイザーが最大3年間の継続的な相談・助言等を行い、専門人材の育成や知財管理体制の整備など、実践的支援を行います。

▲PAGE TOP