セミナーイメージ写真

セミナー

知的財産セミナー(その他 契約・海外等)

模倣品対策の基本と税関での輸入差止申立手続き 〜中小企業にとっての模倣品対策とは〜

掲載日:2018/05/14

 

 知的財産を侵害する模倣品問題は、大企業だけでなく中小企業においても、国内外の事業に影響を及ぼし、そのリスク、対応を検討する必要があります。そこで、今年度も引き続き模倣品対策に関するセミナーを開催します。
 まず、第1部において、知的財産に基づく模倣対策の基本、模倣品を発見した場合の対応など全般を解説します。続いて、第2部で模倣品対策の有効な手段の1つである税関の活用について、公益財団法人日本関税協会知的財産情報センター(CIPIC)の松本敬事務局長を講師にお招きし、日本における輸入差止申立制度、税関における運用状況を中心にご説明します。この機会にぜひご参加ください。

 

分野 その他:その他(契約・海外等)
開催日時 平成30年7月27日(金) 午後2時〜5時
(受付開始:午後1時40分〜)
会場 (公財)東京都中小企業振興公社 3階第1会議室
(千代田区神田佐久間町1−9 産業労働局秋葉原庁舎)
地図 各線「秋葉原」駅より徒歩1分
内容 第1部:知的財産権と模倣品対策の基本(14:00〜15:00)
◆知的財産と予防のための対応
◆模倣品を発見した場合の対応
◆模倣品対策のポイント
第2部:輸入差止申立制度の活用について(15:10〜17:00)
◆税関(水際)での模倣品取締業務について
◆輸入差止申立手続きの概要
◆水際対策のポイント(侵害認定における注意事項)
ご案内チラシ(PDFファイル)
講師 第1部:東京都知的財産総合センター  知財戦略アドバイザー 荻原 徹
第2部:公益財団法人日本関税協会 知的財産情報センター(CIPIC)事務局長 松本 敬氏
対象 都内中小企業の方(注1)、都内個人事業主の方
定員 60名
申込 以下の申込フォームに入力、送信してください。
折り返し受講票をお送りしますので、印刷のうえ、当日受付で呈示してください。
都合により欠席される場合は、必ずご連絡ください。(注2)(注3)
費用 無料
連絡先 東京都知的財産総合センター【担当:セミナー担当】
電話:03-3832-3656
FAX:03-3832-3659
E-mail:chizai@tokyo-kosha.or.jp

(注1)大企業の方のご受講はご遠慮頂いております。
    また、大企業の関係会社、士業の方、都外の方等は定員の関係上、受講お申込みをお断りさせて頂く場合があります。
(注2)欠席される場合はなるべく早めにご連絡ください。
    事前のご連絡がなかった場合、以降の受講お申込みをお断りさせて頂く場合があります。
(注3)セミナー資料は参加者のみにお渡ししております。後日の配布はお断りしておりますので、予めご了承ください。
(注4)セミナー受講時はPCでのご入力はご遠慮頂いております。

セミナーお申込みフォーム

  こちらからお申込みください。

申込者情報のお取り扱いについて

  1. 利用者
    東京都知的財産総合センター((公財)東京都中小企業振興公社)
  2. 利用目的
    (1)当該事業の事務連絡や運営管理・統計分析のために使用します。
    (2)経営支援・技術支援等、各種事業案内やアンケート調査依頼等を行う場合 があります。

※上記利用目的の(2)を希望されない方は、当該事業担当者までご連絡ください。
※個人情報は「個人情報の保護に関する要綱 (PDF)」に基づき管理しておりますので併せてご参照ください。

▲PAGE TOP