[スタートアップの事業を加速させる知財戦略]

これだけは知っておくべき知財のツボ【WEB】

掲載日:2023/3/13

「知的財産」という言葉を聞いて、何をイメージされますか?

「難しいもの」というイメージがあり、自分には縁遠いものだと感じている方も少なくないかもしれません。
しかし、知的財産権を知らずに事業を進めると、気付かぬうちに他者の権利を侵害してしまい、ある日突然事業の差止めを求められるという事態が起こりかねません。そのようなことになると、これまでの開発にかかったコストが無駄になってしまいます。
事業を開始し成長させていくには、知的財産権を正しく理解し、自社のビジネスをしっかり守ると同時に、他人の知的財産権を尊重することが必要です。

とはいえ、「プロダクト・サービスの開発に忙しく、とてもそこまで手が回らない」、「興味はあるが、説明を聞くと専門用語が多すぎて理解しきれない」という方が多いのではないかと思います。

今回のセミナーでは、やるべきことがとても多く、忙しいスタートアップの方々に、「これだけは知っておくべき」という知的財産権のツボと、スタートアップ企業をサポートする様々な支援制度、助成金制度をコンパクトにわかりやすくお伝えします。
スタートアップの方はもちろん、支援する行政機関・団体、VC、金融機関、メディア等の方々も、是非ご参加ください。

※参加お申し込みには「TOKYO UPGRADE SQUARE」のメンバー登録が必要です。本セミナーの申込方法等につきましては、下記主催へお問い合わせください。

開催施設名 TOKYO UPGRADE SQUARE
開催日時 2023年4月12日(水)17:00~18:00
開催形式 オンライン(Zoomウェビナー)
イベント内容 1. オープニング
2. 講演
3. 東京都知的財産総合センター 事業紹介
4. Q&A
5. クロージング
講 師 東京都知的財産総合センター
知財戦略アドバイザー 廣田 雅弘 氏

自動車メーカーで35年以上、国内外の知財出願・権利化実務、知財訴訟等の業務に携わる。この間2度の米国駐在において、米国知財訴訟を原告・被告ともに多く体験する。
また、シリコンバレーオフィスの立ち上げとベンチャー投資に触れ、ベンチャー企業の発掘・提携・買収に係り、知財情報を活用したベンチャー企業の実力把握、競合ベンチャーの確認などの多様な知財戦略策定経験を持つ。
2022年4月から東京都知的財産総合センターの知財戦略アドバイザーとして、スタートアップや中小企業の知的財産支援に従事中。
対 象 スタートアップ、行政機関・自治体、スタートアップ支援団体、VC・金融機関、大企業、メディア等
申 込 申し込みは終了しました
【申込期限】2023年4月11日(火)18:00
費 用 無料
主催/
問い合わせ先
(公財)東京都中小企業振興公社
TOKYO UPGRADE SQUARE
お問い合わせフォーム:https://upgrade-square.jp/contact