セミナーイメージ写真

セミナー

知的財産セミナー(特許・実用新案)

発明提案書のまとめ方セミナー 〜書いてみよう!特許発明提案書〜

掲載日:2017/07/10

 

 弁理士に特許出願を依頼するには「発明提案書」を作成し、発明内容を弁理士に的確に伝える必要がありますが、これをきちんと作成しないと、思ったとおりの特許権を取得できなくなる恐れがあります。
 本セミナーでは、実務経験豊かな弁理士を講師に迎え、中小企業で研究開発や知財管理に従事される方を対象に、発明の本質の捉え方、特許明細書の読み方や、発明提案書の書き方などについて、グループによる事例演習などをまじえ、実践的・具体的に説明します。
 自社の大切な発明を「強い特許権」に結びつけるため、ぜひご参加ください。
6月26日(月)に開催した同名セミナーと同じ内容です。
※本セミナーでは、士業及び経営コンサルタント、講師と同業とみなされる方の受講はお断り申し上げて
   おりますので、あらかじめご了承ください。

 

分野 特許・実用新案:特許・実用新案
開催日時 平成29年8月31日(木) 午前10時〜午後5時
(受付開始:午前9時30分〜)
会場 (公財)東京都中小企業振興公社 セミナールーム
(東京都台東区台東1-3-5 反町商事ビル6階)
JR「秋葉原」駅より徒歩10分 ※裏面地図参照(東京都知的財産総合センターと同ビル)
内容 ◆発明提案書・特許明細書の概要説明
◆発明の把握、特許明細書の読み方
◆発明提案書の書き方実習等

ご案内チラシ(PDFファイル)
レベル 原則として、知的財産に関する基礎知識を持つが、自ら出願した経験はない方
講師

弁理士 伊藤 夏香氏(アイエヌ知財特許事務所)

【略歴】
東京工業大学卒、同大学院修士課程修了。日本弁理士会の知的財産経営センター知財価値評価事業本部担当副センター長、知的財産支援センター運営委員、ソフトウェア委員会委員、同会関東支部の副支部長、知財教育支援委員会委員長、中小企業・ベンチャー支援委員会委員、東京商工会議所の知的財産戦略委員会委員、一般社団法人発明推進協会の模倣被害アドバイザー等を歴任。諸団体で相談員やセミナー講師を務める。特許から商標まで幅広くサポートし、知財を守る仕組みづくりを応援。
対象 都内中小企業の方(注1)都内個人事業主の方で、特許の出願に係る業務を行った経験があり、当センターを受講することにより、出願時における弁理士との更なる円滑なコミュニケーションを図りたいと考えている方
定員 15名
申込 以下の申込フォームに入力、送信してください。
折り返し受講票をお送りしますので、印刷のうえ、当日受付で呈示してください。
都合により欠席される場合は、必ずご連絡ください。(注2)(注3)
費用 無料
連絡先 東京都知的財産総合センター【担当:セミナー担当】
電話:03-3832-3656
FAX:03-3832-3659
E-mail:chizai@tokyo-kosha.or.jp

(注1)大企業の方、「士業及び経営コンサルタント、講師と同業とみなされる方」の受講はご遠慮頂いております。
また、大企業の関連会社の方、都外の方等は定員の関係上、受講お申込みをお断りさせて頂く場合があります。

(注2)欠席される場合はなるべく早めにご連絡ください。
事前のご連絡がなかった場合、以降の受講お申込みをお断りさせて頂く場合があります。

(注3)セミナー資料は参加者のみにお渡ししております。後日の配布はお断りしておりますので、予めご了承ください。
(注4)当日は昼食はご準備しておりませんので、各自ご準備のほど宜しくお願い致します。

 

セミナーお申込みフォーム

 こちらからお申込みください

 

申込者情報のお取り扱いについて

  1. 利用者
    東京都知的財産総合センター((公財)東京都中小企業振興公社)
  2. 利用目的
    (1)当該事業の事務連絡や運営管理・統計分析のために使用します。
    (2)経営支援・技術支援等、各種事業案内やアンケート調査依頼等を行う場合があります。

 

※上記利用目的の(2)を希望されない方は、当該事業担当者までご連絡ください。
※個人情報は「個人情報の保護に関する要綱 (PDF)」に基づき管理しておりますので併せてご参照ください。

▲PAGE TOP